後悔しない!マンション購入までのポイント

全ては予算計画から始まる

マンションを買うにあたって、まず前提となるのが予算です。手持ち資金、それにプラスローンで無理のない返済をしていける範囲での物件選びをしていかなければなりません。親や祖父母などからの援助をあてにできる場合は、それだけ予算も増え、選択肢も増えていきます。しかし、多くの場合はそれだけでなく、年収、子供をはじめとした家族の将来にかかる費用などを考慮に入れた上で、家計を切り詰めるなどの方法で予算を増やせるか、判断していくことになるでしょう。

具体的に希望条件を決定していく

予算が大体決まったら、具体的な物件の希望条件をまとめていきます。まず、第一条件としては住む場所となるでしょう。勤務地や子供の学校、交通アクセス、スーパーなど各種施設との距離などを総合的に判断して決めていきます。次に物件のスペックの条件です。特に間取りや広さは、生活の快適さ、便利さに大きく関係してきますので、家族構成や生活スタイルなどから、不足にならないスペックのものを選びましょう。特に子供がいる場合は、荷物の収納や子供部屋など、将来必要となるスペースをよく考えておく必要があります。

自分の足・目をフルに使って物件を探そう

ここまできたら、いよいよ物件探しが本格的に始まります。ネット、情報誌、チラシなどをフル活用し、希望マンションを絞り込んでいきましょう。この際気をつけたいのは、モデルルームや現地の物件に実際に足を運び、自分の目で確認することです。文字や写真の情報と、自分で見た感覚がだいぶ違った、ということはよくある話ですね。そして、疑問に感じたことがあれば、すぐに物件の担当者に質問することも大切です。とにかく大きな買い物になりますので、後悔のないよう徹底的に下調べをした上で、購入したいものですね。

新築マンションには、物件の完成後に、契約時の条件と相違がないかどうかを確認する内覧会が開催されます。建築士などと同行して、検査を実施する場合もあります。

Comments are closed.