解体工事をできるだけ安くするにはどうしたらいいの!?

見積もりはとても大事

家を解体することになった場合、どうしたら安くなるかはとても強い関心ごとですね。じゃあどうしたら安くなるのでしょうか。普通はいざ解体工事業者に工事を頼もうとしてもなかなかどの業者がいいのかわからないと思いますので、複数の業者に見積もりを出してもらうのが良いでしょうね。1社だけだと本当にその業者が適正価格を提示して来るかどうかわかりませんので、念には念を入れていくつかの業者に見積もりを出したうえで、よく比較してみましょう。

工務店やリフォーム会社を通す場合

もう一つの方法は、中間マージンを発生させない方法です。工務店やリフォーム会社のホームページを見ると、解体業もお任せくださいといったことが書かれていることがあるのを見たことがある人もいるかもしれませんね。ならばそこにお願いをするかということで実際に工事をしてもらうと、実は工務店やリフォーム会社が直接工事をすることがないということがわかるはずです。実際には解体工事業者に下請けに出して、その分中間マージンが発生するという仕組みになるのです。

中間マージンをどう考えるか

この中間マージンですが、その中身は紹介料と管理料になります。つまり、下請け業者を紹介するからという理由で紹介料を取り、その下請け会社がしっかりと仕事をしているかどうかを見るために管理用もとります。いわゆる分離発注です。ある程度信頼がある工務店やリフォーム会社を通せばいい加減な工事はしないという安心感はありますが、その一方でどうしても料金が高くなってしまうわけですね。料金を安くするならば、直接解体工事業者に工事をしてもらうという方法もありますよ。

筋交いは地震に抵抗する構造要素ですが、それに代わる部材としては構造用合板などの面材やワイヤータイプの斜材、制震ダンパーなどが挙げられます。

Comments are closed.