飲食店で店舗物件を決めるポイントはこの3つ

人通りが多く目立つ場所

店舗物件では、まず人に知ってもらわないといけないので、人通りが良く立ち寄りやすい場所ということが絶対的な条件ですね。隠れ家のような店舗もありますが、味などの絶対的な自信があれば挑戦されても良いでしょうが、まず一般的には難しいと思われます。そして、目立っていても入りづらい立地、例えば、駐車場が確保できないとか、入りづらいとかは避けたほうが良いでしょう。また、隣のお店がどのようなお店なのかもチェックしておくと良いでしょう。

立地のわりに安い家賃

賃貸であれば、家賃も重要なポイントになるでしょう。多少、立地が悪くても、それをカバーできる安い家賃であればそれは良い物件といえます。わかりずらい立地でも安い家賃なら案内看板を立てることができますし、駐車場が確保できなくても安い家賃なら近くのコインパーキングを数台契約すれば良いだけです。家賃が安ければ、より良い店舗に自分好みにいろいろと工夫していくことができますので、やはり家賃は物件を探すうえではとても大切ですね。

近くにどのようなお店があるのか確認する

近くにどのようなお店があるのかということも大切なポイントになってきます。例えば、人が集まる娯楽施設があれば、その帰りによってもらえるよな工夫をすれば、とても繁盛しそうですよね。逆に、同じようなお店がいくつもあるところですと、はじめはお客さんが入りそうですが、数か月たつと、周りのお店との味の勝負、値段の勝負となっていきます。もし、値段の勝負となってしまっては、利益は生まれませんし、最悪はお店を閉めることになりかねません。近くにあるお店は必ずチェックしましょう。

店舗物件を探す場合の注事事項は、まず、自分の目でその物件を見ることが有用です。その場所の人通りや、客層も理解することが出来ます。

Comments are closed.